会社概要 マイアカウント カートの中身(0) お問い合わせ

各種線量計の特性に合わせた遮蔽体(コリメーター)の企画から設計・製造まで

研究受託
弊社は、放射線遮蔽計算に基づく研究と、様々な実証実験を積み上げてきました。
放射線量測定における遮蔽体や、除染作業で出た廃棄物の保管容器など、
製品を通じて皆様にノウハウをご提供して参りたいと考えております。
実験報告
実験の目的と意義の認識
実験概要
実験結果

放射線遮蔽をテーマに、民間団体・企業と共に開発や試験を行い、研究を進める

実験報告

弊社では、民間団体・企業と共に、放射線遮蔽をテーマとした研究を行い、開発や試験を行っております。
以下に平成24年2月22日に報告した、特殊硬化物による遮蔽実験について記載します。


放射線物質への対策は、取り除く、離れる、遮るの3つの方法のみ

実験の目的と意義の認識

1.平成24年1月1日に、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う
  原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境への汚染への
  対処に関する特別措置法(特措法)が施工されました。

2.今回の実験は、原発事故に伴う放射能汚染地域における、
  放射線遮蔽建材の素材開発のために行いました。

3.今後様々な放射能汚染対策が取られる事が予測され、
  また、すでに各省主導によるモデル事業が展開されています。

4.今回の放射能汚染で問題になっているのは、
  主にセシウム(Cs)134及び137を線源とする、γ線です。
  特に半減期が約30年と長いセシウム137由来のγ線に対する対策は、
  生活者から見た場合重要な課題となります。

5.放射性物質は消えて無くなることはありません。
  その対策は以下の3つの方法しかありません。
  1.取り除く
  2.離れる
  3.遮る

6.今回の実験は上記3をテーマとするものです。
  広がりを見せる汚染地域に生活する人々に対して、
  生活空間の放射線対策として寄与する技術です。
福島第一原発から漏れた放射能の広がり
     【福島第一原発から漏れた放射能の広がり】

↑このページの上に戻る


福島県内での利用を想定し、特殊硬化物の遮蔽性能を実験により計測

実験概要

1.実験予定
  平成24年4月2日 9時30分〜   於東京都

2.アイソトープ管理及び実験指導
    理学博士  日本 太郎

3.実験の内容
  1.特殊硬化物の遮蔽性能を、実験により計測し、実測データを求めた。

4.実験方法
  1.固定された線源を準備した。
  2.線源線量は、福島県内での利用を念頭に置き、調整し実験を行った。
  3.遮蔽体、計測機器測定部遮蔽体を用い、均一な放射線量環境を作った。
  4.各検体の厚みを調整し、安定した測定を行うため、
    測定開始から1分間のアイドルタイムをおき、10秒ごとに6回測定し、
    その平均値を求め、各検体の遮蔽率の実測値を求めた。
  5.実測後、比較検証を行った。

4−1.固定された線源を準備
4−1.固定された線源を準備
4−2.線源線量福島県内での利用を想定して調整
4−2.線源線量福島県内での利用を想定して調整
4−3.遮蔽体、計測機器測定部遮蔽体を用いた均一放射線量環境
4−3.遮蔽体、計測機器測定部遮蔽体を用い
    均一放射線量環境にて実施
4−4.各検体の厚みを調整した安定測定
4−4.各検体の厚みを調整した安定測定
↑このページの上に戻る


遮蔽体の遮蔽性能を計測

実験結果

実験結果

↑このページの上に戻る